工事は基本的にプロの仕事

電気工事

危険を伴う工事

電気工事と一言で言っても、その種類は広範囲にわたります。大阪の一般家庭で行われる電気工事を例に挙げると、通信設備工事や電灯及びコンセント工事、換気及び空調設備工事があります。その他に含まれるのは、漏電改修や分電盤工事、防犯設備及び火災報知設備工事、太陽光発電設備及びオール電化工事などです。通信設備工事の内容は、LANやTVアンテナ、インターホンの交換や増設工事などです。電灯及びコンセント工事は、照明器具やコンセント、スイッチの交換や増設等を行います。そして、換気及び空調設備工事は換気扇やレンジフードファンの設置や交換などの工事です。大阪の家庭において電化製品は身近なものなので、DIY好きな人であれば自分で電気工事を行う気持ちになるかもしれませんが、有資格者でなければ行うことはできません。電気を扱うときには感電や火災の危険を伴うため、電気工事を行う人は国家資格を取得することが義務付けられています。ですから、大阪で電気工事を行うときは国家資格を持ったプロに依頼することが大切です。ただし、軽い電気工事であれば大阪の一般人でも行うことが出来ます。例えば2次側の配線工事で、2次電圧36v以下のインターホン交換や火災報知機設置なら可能です。また、ヒューズや電流制限器、電動機などを取り付けたり取り外したりなどもできます。高電圧が流れる機器の交換や取り付けのときは、これらのことを確認の上、作業もしくは業者に依頼してください。

Copyright© 2017 床をピカピカにしたいならUVコーティングがオススメ! All Rights Reserved.