快適で安全な暮らしのため

コンセント

新しくしたり増やしたり

コンセントとは、電化製品などのプラグを差し込む穴のことで、ここには電気が通っています。そのためプラグを挿入すると、電化製品を電気の力で動かすことが可能となるのです。ところが、日常的にプラグを抜き差ししていることで、コンセントは摩擦によって徐々に劣化していきます。頻繁に使っていない場合には、内部に埃がたまっていきます。どちらの場合も状態が悪くなりますし、やがては正常に電気を伝えることができなくなる上に、火災などのトラブルのリスクが高くなるのです。このような場合には、安全のために早急に、業者にコンセント交換を依頼しなければなりません。コンセントを覆っているカバーなら個人でも交換可能ですが、内部の交換は、配線における知識や技術を有している専門家に任せる必要があるのです。また業者に依頼すれば、劣化したものを新しいものに交換するだけでなく、より便利に使用できる状態にもしてもらえます。たとえばプラグの差込口が2つだったという場合でも、それを4つに増設してもらえるのです。延長コードを使って差込口を増やす場合と比較すると、発熱などのリスクが少なく、安全性が高いといえます。またインテリアの妨げにもなりにくいので、業者による増設交換には高い需要があります。さらに、何もなかった壁に新しくコンセントを設置してもらうこともできます。特に高い位置にコンセントを設置することで、小さなお子さんやペットは手が届かないため安心して暮らしていけます。

Copyright© 2017 床をピカピカにしたいならUVコーティングがオススメ! All Rights Reserved.