電気の差し込み口の工事

積み木とコンセント

複数業者の見積もりが必要

家を建てる時にかなり重要なのがコンセントの位置です。事前に考えてコンセントの位置を決めても、実際に暮らしてみると必要な場所になかったり、設置する家具の置き方によってコンセントが隠れてしまうことがあります。そのような時はあとからコンセントを新設したり、交換する必要があります。コンセントの新設や交換をする時は電気設備工事の業者に依頼することになります。コンセント工事の相場は、新設が1万5千円から2万円が相場です。既存のコンセントの交換は8千円から1万5千円が一般的な相場です。差し込み口の増設も交換と同程度の費用がかかります。コンセントの専用回線を増設する場合は、2万円から3万円かかります。この相場を基準にして、業者を選ぶようにします。業者を探す場合はインターネットを利用しますが、なるべく地元の業者を選ぶようにします。万一の時のアフターケアをしてくれるからです。いくら値段が安くても遠いと、アフターケアは無理になります。必ず複数の業者に見積もりを出してもらって、工事内容の説明を受けることが大切です。業者によって費用が違ってきますし、1階と2階でも工事費用が変わってくることがあります。例えば配線を引きたくても分電盤に空きがないと分電盤自体を交換することになり、費用もかかります。工事が始まってから費用が高くなるのは納得できないので、見積もりの段階で詳しく説明してくれる業者を選んだ方が安心できます。

Copyright© 2017 床をピカピカにしたいならUVコーティングがオススメ! All Rights Reserved.